*All archives*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング
[書評]銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方 コタロウ
銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方 コタロウ

気遣いと品のよさで心をつかむ
魅力的な話し方

銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方
(2007/09)
コタロウ

商品詳細を見る


<書籍書評>
よく、一流という言葉を耳にしますが、
夜の世界にも一流ってあるんですよね。

私、夜の世界の人尊敬してますもん。

顔だけで生きていける世界ではないですし、
体力、知力など幅広くいるお仕事です。

話上手は聞き上手といいますよね。
私もそう思っているんですけれども
この本の中に具体的に書かれてました。

相手の発言量を増やすことが出来る人=相手から信頼されること
が大切だと

相手のペースに合わせるという事が大切だと書かれてます

そうですね。
自分自分ってなってしまうと駄目なんですよね。

この本の会話術って夜の世界だから使えるわけではなく
普通の生活の中でも使えるものですので
とても、ためになるビジネス書ではないでしょうか。

是非、読んでみてください
オススメの一冊に加えておきます。


<書籍基本情報>
# 書籍名:銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方
# 著者:コタロウ
# 出版社:こう書房
# 発売日:2007/09

関連記事
スポンサーサイト
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで コタロウ
[書評]ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS) 美内 すずえ
ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS) 美内 すずえ

懐かしい~というわけで・・・

ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS)
(2009/08/26)
美内 すずえ

商品詳細を見る


<書籍書評>
ガラスの仮面多分私が実家にいるときからテレビ放映されて
いたのでゆうに、十年は過ぎてますよね。

しかし、この本なかなか巻進まなくてやっと最近
動き出したんでしょうか

女優を夢見る女の子が主人公で
ライバルと共に戦いながら成長していく姿が書かれています。

この最新刊では、紅天女という役を獲得するために
ライバルと競い合っていくって感じでしょうかね
凄く簡単に説明すると。

やっぱり、ライバルって大切なんですね。
自分が成長していくためにも。

この本はですね~なぜか好きなんですよね。
ひたすら努力していく主人公の姿が好きなのか。
少しずつ成長していく姿が好きなのかなんだかぞくっとして
しまうんですよ。

絵的には、一昔前の感じのタッチなんですけどね。

まだみたことない人は是非見てみてください。

オススメの一冊に加えておきます。


<書籍基本情報>
# 書籍名:ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS)
# 著者:美内 すずえ
# 出版社:白泉社
# 発売日:2009/08/26

関連記事
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 ガラスの仮面 44 (花とゆめCOMICS) 美内 すずえ
[書評]東京島 桐野 夏生(キリノナツオ)
東京島 桐野 夏生(キリノナツオ)

またまた、桐野 夏生(キリノナツオ)さんの本の紹介です

東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)
(2010/04/24)
桐野 夏生

商品詳細を見る


<書籍書評>
先日、映画化されましたね。8月28日に公開予定だそうです。
東京島。

無人島に流れ着いた男たちと一人の女。
そこでは、女はとても貴重な存在です。

その女の生き抜いていく方法は一つだけでした。

これだけでもおもしろそうな感じじゃないですか?
どうなっちゃうの?
みたいな

女の人が一人だったら、そりゃもう女王様のような扱いですよね。

ただ、それが幸せがどうかは。。。。

1945年から1950年にかけて、
マリアナ諸島のアナタハン島で起きたアナタハンの女王事件をモデルに創作された作品と
いうことなのですが、
桐野 夏生(キリノナツオ)さんの発想する世界は非常に独特ですが
とても、惹かれてしまいます。

映画も是非見にいきたいと思います。

最近、小説の紹介が多いのですいませんね。
また、ビジネス書読んだらオススメしますね。

本屋さんにも今、東京島結構おいてありますから
読んでみて下さい。


<書籍基本情報>
# 書籍名:東京島
# 著者:桐野 夏生(キリノナツオ)
# 出版社:新潮社
# 発売日:2008/05

関連記事
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 東京島 桐野 夏生 キリノナツオ
[書評]続・死に方のコツ 高柳 和江(タカヤナギカズエ)
続・死に方のコツ 高柳 和江(タカヤナギカズエ)

死ぬのが怖くなくなる
101の話

続・死に方のコツ続・死に方のコツ
(1995/12)
高柳 和江

商品詳細を見る


<書籍書評>
まず、言っておきたいことが一つあります。
この本は、溺死で死んだらいいよ~とか薬で死んだら
いいよ~とかそういう、自殺を勧めるような本ではありません。

私も最初、題名でちょっと勘違いしてしまいそうになりましたが

死ぬのが怖い人に死ぬってそんなに怖いものじゃないんだよって
伝えたいのですね。

年をとって老衰などで死ぬときは苦しくないそうです。
自然な死には苦しみがないって事ですね。

読んでみてやっぱり、ちゃんと生きていかなきゃ
いけないなって思いました。
自分に与えられた人生を全うして生きていかないとですね。

中に一つ心に残っている項目があります。
「死ぬまでに出来ること。
がんになってしまった人は、自分にはもう何もできないというそうです。
沢山の事ができるのに、何もできないなんて事はないのに。
でも、駄目なものは駄目で、死ぬのは決まっていて
そういう患者さんは自分は大丈夫だよと言って欲しいのかも
しれない。」


私だって、いつ大きな病気になってしまうかわかりません。
私はだから考えます。今をどう生きていくのか。
病気になってから自分がどう残りの人生を生きていくのか。

死を考えるという事は生きるという事を考えるという事なのかもしれませんね。


オススメの一冊に加えておきますので
是非、みてみてください。


<書籍基本情報>
# 書籍名:続・死に方のコツ
# 著者:高柳 和江(タカヤナギカズエ)
# 出版社:飛鳥新社
# 発売日:1995/12

関連記事
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 続・死に方のコツ 高柳和江 タカヤナギカズエ
[書評]あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ セヴァン カリス=スズキ
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ セヴァン カリス=スズキ

世界中を感動させた12歳の少女のリオの伝説のスピーチ

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチあなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
(2003/07)
セヴァン カリス=スズキ

商品詳細を見る


<書籍書評>
この本は絵本と、そこまで多くない文章で
つづられています。

12歳の少女が環境サミットで語ったスピーチが書かれています。

率直なそして、強い意志を感じます。

私は心がじ~んとなりました。
どうやって直すのかもわからないものを
こわしつづけるのはやめてください。

本当にそうですね。

豊かな生活におぼれ、地球が悲鳴をあげていることも
気づかず、どうやって直したらいいのでしょう。

絶滅した動物はどうやって?
空いてしまったオゾン層は?

どうしたらいいのでしょう・・・

でも、今更すぐに冷房を使うのやめるとか
車を使うのをやめるとかそういう事を言いたいのでは
ないのでしょう。

子供の意見というのは素直に入ってきます。
子供でさえそんな事を考えるのに。

自分が恥ずかしくなります。

自分が出来る事、
何かあるはず。
少しずつ探して、発見して、改善していきたいって
思いました。

世界平和を考えてしまうこの本
オススメの一冊に加えておきます。


<書籍基本情報>
# 書籍名:あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
# 著者:セヴァン カリス=スズキ
# 出版社:学陽書房
# 発売日:2003/07



関連記事
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 あなたが世界を変える日 12歳の少女が環境サミットで セヴァン カリス=スズキ
[書評]性犯罪被害にあうということ 小林 美佳(コバヤシミカ)
性犯罪被害にあうということ 小林 美佳(コバヤシミカ)

あなたの身近な犯罪になるかもしれません


性犯罪被害にあうということ小林美佳性犯罪被害にあうということ
(2008/04/22)
小林 美佳

商品詳細を見る


<書籍書評>
実は以前、テレビで小林さんを拝見した事があります。
非常に衝撃的だったので、この本を見た時に
すぐに読んでみようという気持ちになりました。

24歳の時に、性犯罪の被害にあったという実体験を
元にその後の人生を書かれたドキュメンタリーです。

人事だと思いますか?

私はそうは思えませんでした。

私の家は、夜道が真っ暗。
女性一人では歩いて帰るには人通りがなく自分でも
危ないな~と思いながら、毎日早歩きで家路をたどります。

0回と1回は違うんだよ。
そう知り合いに言われました。
本当にそうですね。

そして1回あったから2回目がないという事もないですね。

普段から気をつけなければいけません。


ただ、小林さんが書かれているのは同情して欲しいのではない
そう書かれています。

もし、自分が小林さんと同じ体験をしたら?
私ならどうするのだろう
そんな事を考えながら読みました。

この本を是非、多くの女性に読んで欲しいと思います。

オススメの一冊に加えておきます。


<書籍基本情報>
# 書籍名:性犯罪被害にあうということ
# 著者:小林 美佳(コバヤシミカ)
# 出版社:朝日新聞出版
# 発売日:2008/04/22


関連記事
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 性犯罪被害にあうということ 小林美佳 コバヤシミカ
☆検索フォーム
水嶋ヒロ 小林美佳 高橋麻奈 竹内富貴子 北出幸男
楽天アフィリエイト
QRコード
QRコード
オススメ スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。