*All archives*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング
[書評]全ページ実例による法律の抜け穴全集―短編小説の面白さで法律の急所がわかる
全ページ実例による法律の抜け穴全集―短編小説の面白さで法律の急所がわかる

短編小説の面白さで法律の急所がわかる


全ページ実例による法律の抜け穴全集―短編小説の面白さで法律の急所がわかる全ページ実例による法律の抜け穴全集―短編小説の面白さで法律の急所がわかる
(2003/04)
不明

商品詳細を見る


<書籍書評>
最近、友達から話を聞いたんですよ。

その友達は会社をする事になったんですけど、
まあ、その人曰く法律には色々な抜け道があって
知っているだけでとても徳をしたり、お金が節約できたり。

色々な、やり方があるんだそうで・・・

その人は、法律にとても詳しいので何かあった時は
どうにかならない?となんでも屋さんみたいになってます。

この本の左下に、とても気になる一説が書いてあります。
「本書を読んで知識を得れば、ズル賢いやつにも一杯くわされないで
すみます。。。。ただし、あなたは自身の悪用はお避け下さい」

本当ですよね。知っているだけで危険から回避される事も
ありますけど、自分が悪用したら駄目ですよね。

この本最初はつまらない本なのかと思ったのですが、実話でかかれていて
非常に面白い。
いくつか書かれている項目をあげてみましょう

家の財産を息子に内緒で愛人にそっくりやる話
眺めが悪いと売買契約を解約した話
近隣の主婦の陰口が名誉毀損にあたるとして慰謝料を取った話
嘘の被害届をだし相手から反対に賠償金を取られた話
性交渉をいやがり五ヶ月の同居で離婚と慰謝料と請求された妻の話
国民年金受給者が厚生年金87万円を一度にもらう事が出来た話

なんでしょね~
どろどろ、昼ドラをみているようでした。

結構太いので、全部は読み切れていませんが、
家においておきたい一冊ですね。
辞典みたいです。
身近なトラブルが非常に多くかかれていますので
生きていたらどれか一つくらい遭遇しそうな感じです。

興味のある方は読んでみてください。
オススメの一冊に加えておきます。


<書籍基本情報>
# 書籍名:全ページ実例による法律の抜け穴全集―短編小説の面白さで法律の急所がわかる
# 著者:不明
# 出版社:自由國民社
# 発売日:2003/04

スポンサーサイト
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 全ページ実例による法律の抜け穴全集―短編小説の面白
[書評]労働基準法 (図解雑学シリーズ) 林 和彦(ハヤシカズヒコ)
労働基準法 (図解雑学シリーズ) 林 和彦(ハヤシカズヒコ)

働く人なら知っておいて損はない労働基準法を、
法律と無縁の人にもわかりやすいように解説しました。

労働基準法 (図解雑学シリーズ)労働基準法 (図解雑学シリーズ)
(2004/09)
林 和彦

商品詳細を見る


<書籍書評>
またまた、学生さんには嬉しい本ではないでしょうか?

図解つきで非常にわかりやすい。

「労働基準法」とは労働条件の最低基準を定めた法律☆
働く人なら誰もが知っている言葉ですよね。
だけど、どこまで知っているのでしょうか?
私は、女性なので女性に対する法律などは少し知ってましたけど
その他はほとんど知りませんでした。
女性に対する法律とは、育児・産休のシステム
女性特有の生理などの休暇の保護などです。

それ以外はさっぱり・・・

びっくりしたんですけど、サラリーマンなどは労働法の対象に
なるんですが、専業農家の人などは労働法の対象に入らないそうです。

働いていても、法律からはずれている人がいるなんて・・・

勉強になります~。

役に立つ事ばかり書かれているな~と
ついつい熱中して読んでしまいました。
あんまり頭には入ってないんですけどね・・・
記憶力悪いんで・・・^^

この本の項目としては、
労働基準法の法律と原理について
労働基準法のしくみと原則について
雇用の法律と労働者の保護について
雇用の展開と労働者の権利義務について
賃金の保護について
労働時間、休憩、休日、休暇の保障について
女性・年少者の保護について
労働災害の予防と補償について
雇用の終了について

どれが気になります?

私は、やはり賃金の保護と、労働時間・休憩・休日・休暇の保障
女性・年少者の保護についてですかね~。

今の生活にリアルに関係してきますしね。
読んでいて実生活と照らし合わせてみると理解しやすかったです。
中でも賃金の保護は賃金カットについて賃金カットって
最近、リアルに聞く言葉ですよね。
賃金カットにはカットできる範囲があるんだそうですよ。
今はちょっと変わってきているみたいですけど・・・
そして、賃金支払いのルールっていうのもあるそうです。
知らなければそれが当たり前と思っている事も実は
ふたを開けてみれば~なんて事もあるやもしれません。

こういう法律本を読んでいて思うのは、知っていて損はないなって事です。
自分がいつまでも安定しているわけではないですし、いつどんな
災害に見舞われるかわかりませんから、法律を知っているだけで
色々助けられる事って多いと思いますよ。

広く浅くでもいいからそういう事多少なりとも知っている事
は身を助ける事にもなるんじゃ~ないでしょうか。

多分、今ブログをみてくださっている方はほとんどの方が
何か職についている方だと思うので、この本
オススメしておきます。


<書籍基本情報>
# 書籍名:労働基準法 (図解雑学シリーズ)
# 著者:林 和彦(ハヤシカズヒコ)
# 出版社:ナツメ社
# 発売日:2004/09


FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : ビジネス<>
ジャンル : ビジネス


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 労働基準法 (図解雑学シリーズ) 和彦(ハヤシカズヒコ)
[書評]NPOと新しい社会デザイン 塚本 一郎(ツカモトイチロウ)雨宮 孝子(アマミヤタカコ)
NPOと新しい社会デザイン 塚本 一郎(ツカモトイチロウ)雨宮 孝子(アマミヤタカコ)

社会を考える
素敵デザイン

NPOと新しい社会デザインNPOと新しい社会デザイン
(2004/12)
塚本 一郎雨宮 孝子

商品詳細を見る


<書籍書評>
さて、最近テレビでもNPO法人とかよく耳にしますが
NPOって何の事がご存知でしょうか?

NPOとは、ボランティア団体や、市民活動団体などの民間非営利組織をさすそうです。
つまり、利益目的な団体ではないという事なんですね。
まあボランティア団体みたいな感じです。それが、個人ではなく組織的になると
NPOとなるわけですね。

利益が出たら普通社員とか、利害関係者にお金がいきますけど
NPOはそうではなく、利益が出るとその目的とする活動にお金が当てられると
いう事ですね。

この本では、NPOの全体像を理解するという事と
NPOの法制、税制についてと
国際的な比較と一般的な企業との関わり合いなど
NPOを知らない人でもとてもお勉強になる事が書かれてます。

やっぱり、つっこんでみないとわからない事知らない事が
多かったです~


今の社会で、NPOの企業がすごく大切な事もわかりますし
ただ、やはり難しい点も色々書かれてました。

利害目的ではなく、なりたつ組織って大変ですよね。
会社ってお金儲けがしたいから作るわけですよね。
そして、お金が入ってくると期待して、お金を投資したりもするんですよね。

だから、利害目的ではない、NPOという組織では近頃では
給料が低くなっていたり、活動する人が減っていたり・・・
色々大変なんです。
そうなると、組織自体がうまくいかなくなったりして
犯罪に身を染めたり・・・

テレビでも、最近私がよく耳にするといったのは
NPO法人での犯罪的なニュースです。

まあ、それは氷山の一角だったりしますから、
うまくいって拡大していっている組織もちゃんとあります。

NPOはどうやって作るのかとか、お金はどこから出ているのか~
とか、どんな事業がメインなのか~とか色々書いてあります。


行政からの支援という点では、自分たちの税金がいっている
部分もありますから、自分と関係のない話と思っている人も
そうではない事がわかります。
全部説明する事も出来ないですし、興味がある方はこの
本読んでみて下さい。


<書籍基本情報>
# 書籍名:NPOと新しい社会デザイン
# 著者: 塚本 一郎(ツカモトイチロウ)雨宮 孝子(アマミヤタカコ)
# 出版社:同文舘出版
# 発売日:2004/12



FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング
tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 NPOと新しい社会デザイン 塚本一郎 ツカモトイチロウ 雨宮孝子 アマミヤタカコ
[書評]図解でわかる憲法 -入門の法律- 「著」高野泰衡(タカノヤスヒラ)「監修」伊藤真(イトウマコト)
図解でわかる憲法 -入門の法律-
「著」高野泰衡(タカノヤスヒラ)「監修」伊藤真(イトウマコト)


憲法の特徴が一からわかる!!
見て
読んでわかる



図解でわかる憲法 (入門の法律)


図解でわかる憲法 (入門の法律)
(2008/01/24)
高野 泰衡


商品詳細を見る


<書籍書評>
最近、政治を知るって大切な事だな~と感じる出来事がありました。
自分の国の事何も知らないって、恥ずかしい事ですよね。

きっと、私みたいな人少なくないって思います。
なんとなく、知っているけどって人もいれば、興味ないしって人もいるし
関係ないって思っている人も。。。

でも、興味を持ったその日から遅くないですよ。

この本には、
憲法の意義と歴史について
日本国憲法の成立と基本原理について
基本的人権について
人間の精神活動に関する自由について
保障されなければならないその他の人権について
政治を行うシステムについて
憲法保障と憲法改正についてなど
憲法の特徴が一からわかります。

なんだか、学生の時の教科書みたいです。
大切な部分は太字で書かれているんですよ。

なんだか、読みながら勉強しているみたいだな~って
思いました。

憲法と法律がどう違うのかわからない人は是非読んでみて下さい。
オススメの一冊です。

<書籍基本情報>
# 書籍名: 図解でわかる憲法 -入門の法律-
# 著者: 「著」高野泰衡(タカノヤスヒラ)「監修」伊藤真(イトウマコト)
# 出版社: 日本実業出版社
# 発売日: 2008/2/01

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : スキルアップ&自己啓発<>
ジャンル : 学校・教育


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 図解でわかる憲法 -入門の法律- 「著」高野泰衡(タカノヤスヒラ)「監修」伊藤真(イト
☆検索フォーム
水嶋ヒロ 小林美佳 高橋麻奈 竹内富貴子 北出幸男
楽天アフィリエイト
QRコード
QRコード
オススメ スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。