*All archives*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング
[書評]魔法の杖プチ (ブルームブックス) ジョージア・サバス
魔法の杖プチ (ブルームブックス) ジョージア・サバス

心の声に耳を傾けましょう


魔法の杖プチ (ブルームブックス)魔法の杖プチ (ブルームブックス)
(2004/01)
ジョージア・サバス

商品詳細を見る


<書籍書評>
私の家の棚の奥深くに眠っていた本を引っ張り出してみました。

この本は、私の友達がオススメしてくれた本なんですけれども
久々に開いて自分の人生を占ってみました。

あっこの本って占いの本なんですけれども
眼を閉じて、深く呼吸をしてYESかNOで答えられる質問をします。

そして、ぱっと開いた場所にその答えが書かれているというもの。

私は、過去付き合っていた彼氏のことを占って死神の絵と
その彼とはうまくいかないというような内容が出ました。

結果、その通りになりましたけど。

私は思うのですが、この本はですね。
占って答えが出るっていうわけではなく
自分のもっている未知の力を利用しているようなしていないような

なんだか、スピリチュアルな感じになってきましたね。

まあ、本人のとらえ方次第っていう事はあるのですけれども
書かれている内容は大体あいまいな感じで、解釈次第で
いかようにも取れるって感じでしょうかね。

でも、いざっていうときは私はとても役に立ってます。
私の心を整理してくれるような気がして。

かなり、前の本ですが
オススメの本に加えておきますので
興味のある方は本読んでみて下さいね。



<書籍基本情報>
# 書籍名:魔法の杖プチ (ブルームブックス)
# 著者:ジョージア・サバス
# 出版社:ヴィレッジブックス
# 発売日:2004/01



スポンサーサイト
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : オススメの本の紹介<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 魔法の杖プチ (ブルームブックス) ジョージア・サバス
[書評]変な人の書いたツイてる話 斎藤 一人
変な人の書いたツイてる話 斎藤 一人

なんかおもしろいんですよね
この本。

変な人の書いたツイてる話変な人の書いたツイてる話
(1999/12)
斎藤 一人

商品詳細を見る



<書籍書評>
私は、前職の会社の会長からこの斎藤一人さんの本おもしろいんだよと
教えてもらいました。

大きな字で凄く読みやすいですし、
とてもすんなり自分の中に入ってきました。

初めて気づいたんですけど、日本漢方研究所の創設者なんですね。
斎藤さんって。

中でおもしろかった項目を紹介します。

天命の話。

天命ってなんですか?っていうと人間がここ、現世に生まれてくる前に
約束していたことがあるんです。
こちらの世界、人間界へ行ったら私はこういう事を頑張ってきますと
いう約束。
天との約束事。

これが天命です。

天命というものがどうしたらわかるかというと
天命のほうに向かうとワクワクする、楽しくなるそうです。

楽しいほうに行くと成功するように出来ているんです。

今、スピリチュアル好きな人は絶対食いついたはず!
でしょ?


まあ、ただ思ったのは何事も気のもちようと
いうところもあります。
自分でどんな風に思うかで人生変わってくるって事ですね。
失敗はないと書かれてました。

そうですよね。

自分がそれは失敗ではない人生だと思ったら失敗では
ないですよね。

今回なぜ、私が天命の話を紹介したのかというと~
先日、私占いに行ってきたんですよ。
その名前が天命!!
おもしろいものですね~。
この本との出会いもご縁☆かな?

斎藤さんの本読んでいるだけでとても気持ちが軽く
なります。
是非、読んでみて下さい。

オススメの一冊に加えておきますね。


<書籍基本情報>
# 書籍名:変な人の書いたツイてる話
# 著者:斎藤 一人
# 出版社:総合法令出版
# 発売日:1999/12
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 変な人の書いたツイてる話 斎藤一人
[書評]1日3時間しか働かない国 シルヴァーノ・アゴスティ
1日3時間しか働かない国 シルヴァーノ・アゴスティ

夢の国キルギシア

誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国
(2008/06/26)
シルヴァーノ・アゴスティ

商品詳細を見る


<書籍書評>
まずは、私の恥ずかしいお話からしなければなりません。

私は、ある日友達との待ち合わせの時間本屋をうろちょろしていました。
私の目にこの本が飛び込んできたのは、勿論題名に惹かれてです。

へ~一日に三時間しか働かない国?
気になる。

私は、時間がないのにも関わらず、没頭して全部
立ち読みしてしまいました。

この本の物語となる国の名前はキルギシア。
人々は一日三時間しか働かず、残りの時間は自分のために
自由に時間を使います。
刑務所はなく、警察官もいない。
学校で学んでいる子たちは、勉強させられているという感じではなく
自然と語学が見についていたり、とても能力が高い。

一日に三時間しか働かないけれど、心にストレスがないから
そのおかげで能力も自然と伸びていく。

本当に、夢のある話で私は、もうこの世界の住人のような気持ちに
なっていました。

さて、
何が恥ずかしい話なのでしょう。。。

それは、私が本当にこの国があるのだと勘違いしていた事。

マジボケです。

友達に、行ってみたい国はと聞かれて、普通にエジプト~とか
ニュージーランド~と一緒にキルギシアと言っていたのです。

全く、うけを狙ったわけではありません。
あまりに急いで読んだためにこれが創り話ではなく実際に
存在する国だと勘違いしてしまっていたのです。

友達にはその年で、物語の国に行ってみたいって
おもしろい通り越してホラーだと言われました。

ええ、私もそう思いますよ。

だけど、私は、本当に出来るんじゃないかって思ったんです。
人々がストレスを抱える事なく、心を自由に生きていける国。

夢見る27歳。。。。
ストレス社会から逃避してました。。。。

しかし、心が温かくなる事間違いなし
イタリアでベストセラーの未来社会予想本。
絶対オススメです。



<書籍基本情報>
# 書籍名:1日3時間しか働かない国
# 著者:シルヴァーノ・アゴスティ
# 出版社:マガジンハウス
# 発売日:2008/06/26
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


[書評]一瞬で美しくなるキレイ曼陀羅(まんだら) 観月 環(ミヅキタマキ)
一瞬で美しくなるキレイ曼陀羅(まんだら) 観月 環(ミヅキタマキ)

キレイエネルギーが巡り続け
美しいものだけを引き寄せるカラダになる

一瞬で美しくなるキレイ曼陀羅(まんだら)一瞬で美しくなるキレイ曼陀羅(まんだら)
(2007/06/12)
観月 環

商品詳細を見る


<書籍書評>
まず、これ気になりますよね。
曼荼羅(マンダラ)っなんぞや?

曼荼羅(マンダラ)とは丸いとか本質という意味を持ち
、悟りの世界を象徴するものとして一定の
方式に基づいて、諸仏、菩薩、神々を網羅して書いた図だそうです。

へ~なるほどですね。

美しさというのも、実は曼荼羅(マンダラ)のように複数の要素に
構成されて形成されている

ほ~

つまり、美しさの絶対条件というのはオーラというエネルギー体だそうです。

この本は、誰にでもすぐに効果が実感できるプログラム。

有難い限りですね~
一週間でキレイになれる。

この本の中で気になったのは、色のエネルギーについて
明るい気分になるためには、鮮やかな色の服を着なさいとか
黒は駄目ですとか、よく聞きますけど
どうしても偏った服の色のセンスになってしまいませんか?

私は、青色が好きなんですけど、
やっぱり、身に着けるもの青色が多いんですよね。

本を読んでいたら、色にもエネルギーがあるという事で
ここで美しさを引き出すテーマカラーをちょっと紹介☆

私の好きな青色は理想の美しさという意味があるそうで。
緑は凛とした美しさ。ピンクは凛々しい美しさ
黄は調和のとれた美しさ。赤は愛に溢れる美しさ。
紫は品格のある美しさ。金はスピリチュアルな美しさ。
だそうです。

眠っている力を引き出せるのがキレイ曼荼羅(マンダラ)の力なんだそうです。

いつもと違う格好したりするだけで気分も変わって
きますけど、色の事も考えながら身につけるものを
選ぶといいみたいですね~。

エクササイズや、呼吸法、
喋り方に、微笑み方、色々載っていて
一週間で完成するキレイ曼荼羅(マンダラ)塗り絵つきで
お買い得でございます。

是非、読んでみて下さい。
オススメの一冊に加えておきます。



<書籍基本情報>
# 書籍名:一瞬で美しくなるキレイ曼陀羅(まんだら)
# 著者:観月 環(ミヅキタマキ)
# 出版社:PHP研究所
# 発売日:2007/06/12


FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : **本の紹介**<>
ジャンル : 本・雑誌


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 一瞬で美しくなるキレイ曼陀羅(まんだら) 観月環 ミヅキタマキ
[書評]いっしょにいると疲れる人―「くされ縁」の人間関係の研究 バーバラ・E. ホルト
いっしょにいると疲れる人―「くされ縁」の人間関係の研究 バーバラ・E. ホルト

離れたいけど離れられない人間関係のなぞ・・
それはいつもあなたのそばに

いっしょにいると疲れる人―「くされ縁」の人間関係の研究いっしょにいると疲れる人―「くされ縁」の人間関係の研究
(2001/04)
バーバラ・E. ホルト

商品詳細を見る


<書籍書評>
この本の題名から何の本だと推測しますか?

実は、この本ヴァンパイアの本なんです。

といってもこの中のヴァンパイアは皆様がよく知っている
血を吸う魔物ではありません。
うまく説明もできないのでこの中の例をあげてみたいと
思います。

すごい男がいた。長身でスタイルは抜群。頭脳は明晰にして
顔はハンサム。
またここに一人の女性がいた。
その女の名はジェーン。
男はジェーンをディナーに誘い、甘美でロマンチックなひと時を過ごした。
次の日、ジェーンは奇妙な事に気づいたなんとなく気だるく、ベットから
起き上がろうとしたができず、灰色に沈んだ自分の顔に驚いた。

ジェーンは男といる時はとても素敵な時間が過ごせるのだが、
その後は疲れてしまい、そして、自分の事を責めるのだ。


わかります?

一緒にいるだけで知らない間に疲れていて、自分の事を駄目人間だと
思い込んでしまう。
いつの間にかまるで生気を吸われているかのように。

ヴァンパイアというのはこの本の中では比喩で書かれているもの
なのですが、
ヴァンパイアは誰のそばにも身近に存在していて
離れようにも離れられないんだそうです。

なるほど~

そんな経験あります?

どこにでもある話ですよね。
素敵な人と一緒にいたいから自分を磨く。頑張る。我慢する。
だけどなんか疲れている。
本当の自分じゃないみたい。

DVの家庭でもこのヴァンパイア関係が成り立っていると書かれてます。


人に惹かれたりするという心理を心理学的に読み解いているこの本は
とても面白いです。

一緒にいると疲れる人・・・
思われたくないな~なんて考えながら読んでみましたが
素敵でカリスマ的で、美人で、かっこよくて、知的でとか・・・
あっ私関係ないかもって感じです。

むしろ、そのヴァンパイアの餌食にならないように気をつけなければ・・・

私は、結構心理学的な本とか、自己啓発系の本も読んだりしますが、
ちょっと意外でした。
そういう本読み飽きている人には、いいかもしれません。

人間関係を紐解く本、オススメしておきます~。


<書籍基本情報>
# 書籍名:いっしょにいると疲れる人―「くされ縁」の人間関係の研究
# 著者: バーバラ・E. ホルト
# 出版社:講談社
# 発売日:2001/04

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング

テーマ : 自己啓発<>
ジャンル : 心と身体


tag : オススメ 書籍書評 古いビジネス書籍 いっしょにいると疲れる人 くされ縁の人間関係の研究 バーバラ・E. ホルト
☆検索フォーム
水嶋ヒロ 小林美佳 高橋麻奈 竹内富貴子 北出幸男
楽天アフィリエイト
QRコード
QRコード
オススメ スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。